ベリーベルトが誕生するまで

ベリーベルトは、オーストラリアのニュースキャスターだったクリスティン(Christine Kininmonth)が、1996年、初めての妊娠の時に発明しました。
彼女は、 "妊娠しても仕事はしたい、テレビにも今までの様にきれいに映っていたい" という強い情熱で、このベリーベルトを考えました。

現在では、ベリーベルトの設計は、オーストラリアの独立助産婦協会(The Austrarian Society of independent Midwives)の公認を受けていて、オーストラリア養母協会によって推奨されています。
また、オーストラリアでは、多くの産院で支持されています。

そんな、世界中に広まる商品になったベリーベルトが、クリスティンによってどんな風に生み出されたか、そのお話をご紹介いたします。

ベリーベルト開発者 クリスティン

ベリーベルトは、1996年に、オーストラリアの元ニュースキャスターのChristine Kininmonth が、初めての妊娠時に考えだされました。
その時、クリスティンは、オーストラリアのTV局でニュースキャスターをしていました。
クリスティンは、妊娠しても仕事は続けると決め、スーツを着てニュースを読み続けたいと考えていました。
しかし、一般的なマタニティウェアは、妊娠初期に着るにはまだ早すぎるし、そもそも当時、オシャレでスタイリッシュなマタニティスーツはありませんでした。
でも、おなかは日々少しずつ大きくなっていき、今までのボトムスではウエストが閉まらない…
悩んだ彼女は、輪ゴムを使うなど、いろいろな方法を試してみましたが上手くいきません。

しかし、彼女は諦めず、家族や友人たちの協力もあり、何度も試作を重ねた後、ベリーベルトの原型を作り上げました。

そして、自分の体験によるこのアイデアが、「きっと私と同じ問題で悩んでいる女性たちのためになる!」と考え、多くの悩める女性たちにも使ってもらえるようにするため、キャスターを辞め、ベリーベルトの商品化のため愛車を売って資金を作り、何件もの縫製会社を訪ねました。その内の1社が彼女の情熱に共感し、そのアイデアを元に、「ベリーベルト」の商品化につなげました。

現在のビジネスパートナーであるピーターとも出会い、「ベリーベルト」は今ではほぼ世界中で販売される商品となりました。

この「ベリーベルト開発秘話」は、オーストラリアではサクセスストーリーとして語られています。

 

ベリーベルトのよくある質問へ お客様の声へ お買い物ガイドへ

 

 

 

bellybelt.jp オススメ商品

ファムベリー 肩紐カバー(シートベルトカバー)へ   ファムベリー 授乳ケープへ   ファムベリー おむつ替えシートへ   ファムベリー マルチクリップ(ブランケットクリップ)へ

ベリーベルト コンボキット

妊娠しても妊娠前のボトムがはける!ボタンタイプとスライド(ホック)タイプがセットになったベリーベルトのキットです。

 

 

ベリーベルト ボタンアップ

妊娠しても妊娠前のボトムがはける!こちらは、ボタンタイプのベリーベルトが3本セット(S・M・Lサイズ)。

 

 

 

 

ベリーバンドゥ

ストレッチの効いた素材でお腹にフィット!ベリーベルトと併せて使えば、妊娠前に着ていた普通の丈のトップスが着れる♪

 

6way dress(6ウェイドレス)

これ1着で6通りの着こなしができるマタニティドレス!フォーマルもOK♪とっても使えるマタニティドレス。

マタニティタイツへ   マタニティレギンスへ        

マタニティタイツ NEW!

肌触りがよく、とっても伸縮性のある、履き心地抜群のマタニティ用タイツです。

 

マタニティレギンス NEW!

肌触りがよく、とっても伸縮性のある、履き心地抜群のマタニティ用レギンスです。